Guarantees

The Moodle platform is licensed under the GPL, and is distributed without warranty and without liability.
The Provider protects itself from litigation and offers this service without warranty and without liability for defects, lost data or any other problems arising from the use of the service.
The Provider will make all attempts to address performance and security issues in a timely manner.
The User, if not satisfied with the service, and upon written request, will receive a pro-rated refund in return for termination of the service minus 30% handling fee.
The Provider offers support relating to the administrative functioning of the Moodle installation only.

Provider Rights

The Provider will have complete access to the Moodle installation for the for the following purposes including, but not limited to:
1. Installing and maintaining server hardware and or software
2. Upgrading server hardware and or software
3. Making adjustments to the server to maintain security
4. Troubleshooting general problems
5. Confirming any help desk (support) issues
6. Verifying compliance to this Terms of Service
The Provider's Privacy Policy states the position on disclosure of client information in which the latest version is posted the Provider's homepage.
The Provider will, at its own discretion and with advance notice, suspend the service for the purpose of performing security fixes and upgrades to the service.
The Provider reserves the right, in its sole discretion, to change, modify, add, or remove all or part of these Terms.
Regardless of whether The Provider has provided the User individual notice, the User's continued use of the Service following the Provider's notice or posting of changed Terms will constitute the User's acceptance of such changes. It is the User's responsibility to check regularly for changes to the Terms and ensure that any contact information the User provides to The Provider is updated and correct.

User Obligations

Throughout this agreement, the User shall not:
Use the service to violate Trademark and/or Copyright material. Upon receipt of a legal notice to "Cease" hosting of material, the Provider will remove all related material until User has satisfactorily resolved the dispute.
Use the service to distribute or produce bulk unsolicited electronic messages (aka, SPAM).
Violation of this will result in immediate termination of the account without refund.
Use the service to injure the name or reputation of the Provider, and/or of the Moodle Trust, Ltd. .
Use the service to violate the laws of the countries of Japan or the United States of America.
Use the service to violate the privacy of the users of the service or any members of the Provider, the organization it represents, and all affiliates, subsidiaries, and related organizations.
Use the service to threaten or harass.
Use the service for any purpose other than which it is intended.
Attempt to impersonate any person, using forged headers or other identifying information in a defamatory way.
Upload any programs that may cause a disruption to the service or install any non-standard modules or plug-ins on the Moodle installation unless approved by the Provider.
Re-sell the service for profit.
Payment Contract period starts from receipt of payment as specified on the Invoice. Failure to renew the service at the end of the contract period will result in termination of service 7 days following. Unless previously arranged, all data may be deleted 10 days following the end of the contract period. The Provider offers no responsibility for data retainment after this time.

保証


Moodleプラットフォームは、GPLの認可を受けて配布される無保証のソフトウェアです。よってプロバイダは、一切の法的責務を負いません。また本サービスを提供するにあたり、プロバイダは訴追の対象となりません。保証および瑕疵責任ならびにデータ破損、その他本サービス利用から生じた損害、不利益についても責任を負わないものとします。
プロバイダは、パフォーマンス向上およびセキュリティ対策について、真摯にかつ速やかに取り組む努力をいたします。
ユーザは、本サービスに満足できなかった場合、書面にて要請をすれば、サービス契約の満了を待つことなしに、残りの期間の料金から手数料としてその30%に当たる金額を差し引いた残額が返金されるものとします。

プロバイダの権利
プロバイダの提供するサポートは、Moodleサイト本体の管理機能に限るものとします。
プロバイダは、メンテナンスおよびセキュリティ面において必要と判断されたアップグレードを遂行するために、事前の通知を行ったうえで、サービス提供を一時中断する権利を有します。

プロバイダは、当該Moodleサイトへの完全なアクセス権を有します。特に以下の場合について、プロバイダの提供するサーバを使用する全てのエリアにいつでもアクセスができるものとします。

1. サーバのハードウェアおよび/もしくはソフトウェアのインストールおよびメンテナンス
2. サーバのハードウェアおよび/もしくはソフトウェアのアップグレード
3. セキュリティ維持のためのサーバ調整
4. 一般的なトラブルシューティング
5. ヘルプデスク(サポート)業務の確認
6. サービス規約のコンプライアンスが遵守されているかの確認
プロバイダは、最良のホスティングサービスをユーザに提供するため、常に新しいテクノロジー導入の可能性を模索しておりますが、それには技術的もしくは法的な変更が生じる場合があります。 そのためプロバイダは、独自の自由裁量でいつでも、通知の有無に関係なく、サービス契約内容の一部もしくは全てを変更、訂正、追加、削除をする権利を有します。 ユーザは、プロバイダの最新のサービス契約をホームページ上で閲覧することができます。本サービスの継続的利用をもって、ユーザは契約内容の変更、訂正、追加、削除を許諾したものとみなします。個人情報の扱いについて、プロバイダは個人情報保護方針に明記し、その最新版をホームページ上に提示するものとします。
ユーザの義務
本契約の有効期間中、ユーザが以下の行為を行うことは禁じられています。
- 本サービスを使用し、商標および/あるいは関連資料の著作権を侵害すること。関連資料のホスティングを「中止」するよう法的な通告を受けた場合、ユーザが係争を解決するまで、プロバイダは関連するすべての資料を削除するものとします。
- 本サービスを使用し、求められていない大量の迷惑メールの配信もしくは作成を行うこと。このような行為が認められた場合、即時にアカウントを廃止するとともに、いかなる返金もいたしません。
- 本サービスを使用し、プロバイダおよび/もしくはMoodle財団の名称、評判を傷つけること。
- 本サービスを使用し、日本国およびアメリカ合衆国の法律に違反する行為を行うこと。
- 本サービスを使用し、本サービスを享受する他のユーザのプライバシーを侵害すること。ならびにプロバイダ、ならびにその部署、子会社、関連組織に所属する他のメンバーのプライバシーを侵害すること。
- 本サービスを使用し、脅迫や迷惑行為を行うこと。
- その他、本サービスを本来の目的以外の行為に使用すること。
- 他人を装ったり、捏造したメールヘッダーもしくはそれと分かる情報を使用して、人を中傷すること。
- プロバイダとの事前相談なしに、本サービスを混乱させる可能性のあるプログラムをアップロードする、もしくはプラグインやモジュールを追加インストールして、これを使用すること。
- 営利目的で本サービスを転売すること。

支払い
請求書に記載された支払いの受領日をもって、契約期間の開始日となります。
本サービスの満了をもって契約が更新されなかった場合、本サービスは契約満了日の7日後に自動的に終了するものとします。
全てのデータは、事前に取り決めがなされない限り、本サービスの契約満了日から10日後に消去されることがあります。それ以後のデータ維持については、プロバイダはいかなる責任も負わないものとします。
最終更新日時: 2013年 08月 13日(火曜日) 03:36